志摩スペイン村

志摩スペイン村 ウェブサイト TOPページへ Blog
HOME > 2015年11月

2015 年 11 月 2 日
エントランスのタイルと絵皿

パルケエスパーニャのチケットブースにあるタイルはルネッサンス様式のもので、

ギリシア風の柱と、建物両側にあるイスラム風の茶色の塔とあわせて

スペインらしさを醸し出しています。

チケットブース

②③

また、エントランスとピレネーを隔てる白壁や、

エントランスゲートを通り抜けた広場の白壁に絵皿が飾られており、

スペイン南部アンダルシア地方の雰囲気を楽しませてくれています。

絵皿

絵皿が気になる方は、マヨール広場の陶器工房「カンタロ」にて

セビリアやハエンの絵皿がご覧いただけます。

セビリア焼き 絵皿

スペイン製の絵皿はどれも色鮮やか!

ハエン 絵皿

アンダルシア地方のハエンで作られる陶器は、

ひとつひとつ職人による手作りの為、絵の柄や染め具合が少しづつ違います。

ぜひ、チェックしてみてくださいね!