志摩スペイン村

志摩スペイン村 ウェブサイト TOPページへ Blog
HOME >

2023 年 12 月 18 日
大画面でフラメンコを堪能しよう!

Hola!みなさん、こんにちは。

巨大スクリーンで映像を楽しめる「カンブロン劇場」。

志摩スペイン村の仲間たちが活躍するアニメやスペインの文化・歴史に触れられる映像など、ここでしか見られない作品を楽しむことができます。

img01

 

志摩スペイン村にはスペインの名所を再現した建物がたくさんありますが、この劇場の外観にはスペインの都市トレドをかこむ防壁の東北角の門「カンブロンの門」のイメージが取り入れられています。

IMG_7599

 

さて、今月と来月お楽しみいただけるのが「レガード・ザ・フィルム」。

先月11月30日にフィナーレを迎えたフラメンコショー「レガード」が映像になりました。

img09

 

本場スペイン人ダンサーたちが踊る情熱的で力強いステージです。

カルメンホールの熱気をそのままに、大画面の映像ならではの迫力やアングルで、フラメンコを堪能していただけます。

新たなフラメンコの魅力に気づくことができるかもしれません。

img05

来年の1月8日(月・祝)までご覧いただけますので、まだまだ観たい!と思われる方や、一度観たかった!という方は、ぜひカンブロン劇場に足を運んでみてくださいね♪

上映スケジュールはこちら

コメントは受け付けていません。

2023 年 4 月 8 日
情熱あふれるホテルフラメンコ

Hola!みなさん、こんにちは!

ホテル志摩スペイン村では今年もホテルフラメンコを上演します。

昨日は公開リハーサルを行いました。

DSC03947

 

異国情緒あふれるロビーに響き渡る足のステップや、カスタネットの音。

ダンサーたちのエネルギーあふれる踊りが、みなさんを情熱的なスペインへと誘います。

IMG_4815

 

ご宿泊の方は無料で鑑賞していただけます。

フラメンコがお好きな方はもちろん、まだ見たことがないという方も必見です!

ぜひ情熱的なフラメンコの世界にどっぷり浸かってください♪

IMG_5045

 

上演日などの詳細はこちら

※諸事情により予告無く上演を中止する場合がございます。

コメントは受け付けていません。

2023 年 3 月 10 日
新フラメンコショー「レガード」へ込めた思い

Hola!みなさん、こんにちは。

新フラメンコショー「レガード」の上演が先月からスタートしました。

タイトルの「Legado(レガード)」はスペイン語で「遺産」という意味です。

新フラメンコショーメイン画像

今回のショーでは、2つの焦点から「レガード」を描いています。

1つ目は古くから現代に至るまでのフラメンコの歴史を、様々な踊りで表現しています。

2つ目は長きに渡ってフラメンコショーの振付師として活躍した故“ホセ・バリオス“に音楽、振付で敬意を表しています。

 

まずフラメンコの歴史としては、衣裳からもフラメンコの歴史を感じることができます。

フラメンコ女性ダンサーの衣裳は昔、農家で働く女性たちが着ていた衣裳が由来となっており、今回のショーでは地味な色から始まり、だんだん明るい色の衣裳になることでも時代の変化を表しています。

 

それでは、それぞれのシーンを詳しく見ていきましょう。

 

第1景:ORIGEN(起源)

_DSC7357-j

宗教や生活習慣の違いから迫害を受けていた民族の嘆きや苦しみを歌で表現したものが起源と言われるフラメンコ。

その思いを力強いサパテアードで表現します。

このシーンの舞台の左右にある壁には、昔のフラメンコイベントのポスターが貼られています。

 

第2景:RAI’Z(根幹)

_DSC7484-j

その後フラメンコは、サパテアードにギターやカスタネットが加わり、スペイン全土へと広まっていきます。

 

喜びや愛情など踊りの表現の幅が広がり、現代フラメンコの根幹が形作られます。

_DSC7522-j

 

第3景:OPERA FLAMENCA(オペラ フラメンカ)

IMG_0247

19世紀、南米へと広まり陽気で魅惑的なエッセンスを吸収したフラメンコは、更にその枝葉を広げていきます。

第3景では曲調や踊りの変化にご注目ください。

 

第4景:TABLAO(タブラオ)

_DSC7697-j

現在では、食事をしながら舞台を楽しむ「タブラオ」がフラメンコ鑑賞の主流です。

観客は間近で繰り広げられる歌と演奏と踊りの迫力に魅了されます。

 

マントン(ショール)やバタデコーラ(裾の長いスカート)等で彩られた「現代」のフラメンコを体感してください。

IMG_9896

 

第5景:TRIBUTO(トリビュート)

_DSC7782-j

親から子へ、師から弟子へと伝えられていく「遺産」としてのフラメンコ。

ここ志摩スペイン村で受け継がれてきたリズムや踊りを、本作オリジナルの歌詞に乗せて表現します。

 

冒頭で、ホセ・バリオスへの敬意を表していると述べましたが、彼はスペインフラメンコ界を代表する偉大なダンサー兼振付師であり、2005年の「フラメンコ-フラメンコ」から志摩スペイン村のフラメンコショーの演出と振付を担当してくれていました。

ホセバリオスさん

 

ホセを継ぎ、今回のショーの演出・振付・構成を担当したのはベゴーニャ・ラモス。

彼女は長年、この志摩スペイン村の舞台で踊ってきたフラメンコダンサーの一人です。

IMG_3043

IMG_4875

 

道具や振付けの一部は、歴代のショーで使われた思い出の詰まった物も使用しています。

 

そして、最後のシーンの歌詞はベゴーニャ自ら作詞し、ホセ・バリオスへの熱い思いを綴っています。

その中の歌詞の一部をご紹介します。

 

「離れていても、忘れないで。

あなたが残してくれたものは、心の奥にいつもあること。

きっと今年のシーズンも、みんなの事を見守ってくれてる。あの遠い空から。」

_93A0848

歴史や思いが詰まったフラメンコショー「レガード」をぜひご覧ください!

 

・上演時間 25分

・上演場所 カルメンホール

・料金 500円※当日予約制、2歳以下は無料

フラメンコショーの詳細はこちら

コメントは受け付けていません。

2021 年 10 月 7 日
志摩スぺイン村でめぐる世界遺産③

Hola!みなさん、こんにちは。

志摩スペイン村にはスペインの世界遺産がモチーフになったスポットがたくさんあり、日本にいながらスペイン旅行気分を楽しめます♪

第3回目は、エンターテイメントを中心に見ていきましょう(前回のブログはこちら

 

まずご紹介するのは、キャラクターミュージカル「パティオ デル カント」でおなじみのパティオ祭り。

DSC_0373

 

キャラクター達が愛情込めて作った自慢のパティオ(中庭)を披露していますよね。

スペインのコルドバでも毎年、花や噴水などで飾られたパティオの美しさを競うコンテストが開催されています。

DSC_0217

 

そんな『コルドバのパティオ祭り』は無形文化遺産に登録されています。

DSC_0205

ユネスコが主催する遺産事業として、文化財や自然などの不動産を保護する「世界遺産」とは別に、各地域で受け継がれてきた口承による伝統や慣習など無形の文化を対象とした「無形文化遺産」。

 

日本の歌舞伎や和食、インドのヨガ、そしてスペインの『フラメンコ』も同じく無形文化遺産に登録されているんですよ!

DSC_9967-j

 

フラメンコはスペイン南部アンダルシア地方で生まれたスペインの伝統芸能。

ダンサーの激しい足さばきと手指の柔らかな動きなど、情熱的な舞に酔いしれます。

DSC_7726-j

DSC_4598-j

志摩スペイン村では、テーマパークの「カルメンホール」、また日付限定でホテル志摩スペイン村のロビーでフラメンコショーをお楽しみいただけます!

 

そんなフラメンコショーを上演しているホテル志摩スペイン村のロビーには、印象的なピンクと白の縞々のアーチがあります。

実は、このアーチも世界遺産である『メスキータ』をモチーフにしています。

_DSC8325-j

メスキータはコルドバにある、イスラム教とキリスト教が混じりあった美しい寺院です。

「コルドバの歴史地区」として1984年に文化遺産に登録されました。

 

IMG_0583

現地では、このアーチを支える円柱が1000本(現在は約850本)あるそう!

美しいアーチがどこまでも広がる幻想的な「円柱の森」…想像しただけでも圧巻ですよね!

 

いかがでしたか?

スペインの文化を感じながら、志摩スペイン村のエンターテイメントをお楽しみください!

※2021年度のエンターテイメントは11月30日(火)までの上演です。

※10月、11月のホテルフラメンコ上演時間を変更いたします。詳しくはこちら

2021 年 5 月 24 日
雨に踊れば♪

Hola!みなさん、こんにちは。

 

東海地方は例年より早く梅雨入りしましたね。

雨といえば、フラメンコショー「クラシコス」では、ミュージカル映画「雨に唄えば」のおなじみの曲「Singing’in the rain」をフラメンコアレンジで踊っています。

DSC_3651-j

ダンサーたちがこの曲に乗せて軽やかに踊る姿を見ていると、雨のシーンなのに、とっても晴れやかな気持ちになります。

 

ミュージカル映画では、主人公ドン・ロックウッドがキャシー・セルデンとの恋にハッピーな気持ちになり、土砂降りの中、傘もささずに幸せそうな表情で歌い踊ります。

DSC_2725-j

 

ダンサーたちも主人公ドンのように、レインコートと帽子を身につけ傘を持ち、雨の降るステージを軽やかに躍動します。

DSC_4136-j

 

いつもは裾の長いスカートで踊っている女性ダンサーも、この場面ではパンツルック!

とてもかっこいいです!

DSC_2742-j

 

会場に心地よく響く足のステップ(サパテアード)は、まるで雨音や主人公が踊ったタップダンスのよう。

さらに、照明でも雨や雷を表現しています。

DSC_7400-j

 

気分が沈みがちな雨の日も、エネルギーあふれる踊りを見れば、心にかかった雲が晴れ、明るい気持ちになること間違いなし♪

フラメンコショー「クラシコス」は11月30日(火)までカルメンホールで上演しています。

ぜひご覧ください!

 

フラメンコショー「クラシコス」の詳細はこちら

【料  金】400円(2021年5月現在) ※2歳以下は無料

【上演時間】約25分

【上演場所】カルメンホール

※当日カルメンホールにて受付いたします。(座席は先着順とさせていただきます。)